blog

ブログ一覧へ>

ナトリウムの健康効果(神経機能を正常に保つ効果)

こんにちは、ホネ夫です。
 
前回は、ナトリウムの健康効果(筋肉の収縮と弛緩)について書きました。
今回は、ナトリウムの健康効果(神経機能を正常に保つ効果)ついて書きたいと思います。
 
情報伝達のうえでも、ナトリウムとカリウムをやり取りする機能(ナトリウムポンプ)が大事な役割を担っています。
情報伝達は神経細胞で行われていますが、神経細胞の細胞膜の中にもナトリウムポンプが存在しています。刺激を受けたときなど、その情報は電気信号となって神経細胞を伝わることで伝達されていきます。
この電気信号は、神経細胞膜のナトリウムポンプを介して、細胞膜外にあるナトリウムとカリウムが入れ替わるときに生じます。
このため、体内でナトリウムの濃度が減少すると、電気信号がうまく伝わらず、正しい情報伝達が行われなくなる為、体調の変化を招いてしまいます。
 
ナトリウムの摂り過ぎは良くないと言いますが、極端に摂らないのも良くないという事ですね。
 
次回は、ナトリウムの欠乏症と過剰症について書きますね。

まずはお気軽にご連絡ください。

TEL.03-3405-6131
contact

INQUIRY

まずはお気軽にご連絡ください。TEL.03-3405-6131

SEND MAIL