1. HOME
  2.  > 
  3. 質にこだわるボディメイキングで美と健康を手に入れる
  4.  > 
  5. ボディメイキングのポイントになる肥満遺伝子とは何か

ボディメイキングのポイントになる肥満遺伝子とは何か

生存競争の遺物?のような肥満遺伝子

「肥満遺伝子」とは、エネルギー代謝に関与する遺伝子の一種で、太りやすさの度合いや、太るパターンを決める働きを持っています。
太古の時代の人類は、飢餓に備えて常にエネルギーを効率的に蓄えられる体質であるほうが生存には有利でしたが、その働きが組み込まれているのが肥満遺伝子というわけです。
肥満に関連する遺伝子は現在までに約50種類ほどが発見されていますが、その中には基礎代謝が上がりすぎるのを防ぎ、代謝を正常な一定値に保つなど大切な役割を持つものもあるように、全てが肥満に直結するわけではありません。
しかし、太り方ややせ方を決める上では、β3AR(ベータ3アドレナリン受容体)、UCP-I(アンカップリングプロテイン遺伝子)、β2AR(ベータ2アドレナリン受容体)の3つの肥満遺伝子がカギとなっていることが分かっています。
これらの遺伝子は、日本人の97%が最低1つは持っているとされ、中には2つという人もいますが、いずれかの遺伝子に変異があると、変異のない人に比べて太りやすくやせにくい体質になると言えるのです。
生存競争の遺物?のような肥満遺伝子

リンゴvs洋ナシ対決にも決着が?

日本人の約34%が変異を持つβ3ARは、糖質代謝が苦手な「リンゴ型肥満」タイプになりやすい肥満遺伝子です。
ご飯やパン、麺類、甘いものなど、血糖値が上がる食べ物が好物であることが多く、お腹周りに脂肪がつきやすいのが特徴です。
日本人の約25%が変異を持つUCP-Iは、脂質代謝が苦手な「洋ナシ型肥満」タイプで、脂っこい食べ物を好み、下半身に脂肪が目立ってつきやすく、やせにくい体質です。
日本人の約16%が変異を持つβ2ARは、もともとほっそりして太りにくい体質ですが、いったん太ると全体的に大きくなり、非常にやせにくいタイプです。
しかし、肥満遺伝子に変異があるから、ボディメイキングのための食事制限やトレーニングをどんなにがんばってもムダだと嘆いたり、あきらめる必要はまったくありません。
自分の持つ肥満遺伝子の種類を知ることは、自分の体質を詳しく知ることにつながります。
それによってオーダーメイドのプログラムを作成すれば、「本丸」を攻めるような効率的なトレーニングが可能になるからです。
同じトレーニングやダイエットでも、人によって効果の現われ方やスピードが違うのは、肥満遺伝子による代謝の違いが関係していると考えると納得がいくのではないでしょうか。
肥満遺伝子だけでなく、人それぞれに違う筋繊維のタイプなど、効率的なボディメイキングに必要な要素も併せて調べることで、最短距離でゴールに導くオリジナルプログラムが完成するのです。
リンゴvs洋ナシ対決にも決着が?

INQUIRY

まずはお気軽にご連絡ください。TEL.03-3405-6131

SEND MAIL